香取神社について

御祭神

香取神社の御祭神、経津主神(ふつぬしのかみ)は、千早振る神代の昔、畏くも皇祖の神勅を奉じ、鹿島大神と共に豊葦原瑞穂国(日本国)の平定に手柄を立てられた威霊優れた国家鎮護の神として仰がれる、我国武将の祖神です。
然も御本宮が神武天皇の御代に東国下総に鎮座されましたことは非常に意義のあることで、日本国の守護を固めた事になり、更に農業に深い関係があり、国土開発に多大の功績のあった産業の祖神でもあります。
故に大和朝廷におかれても殊に崇敬が篤く、中臣氏(後の藤原氏)は香取・鹿島両宮を氏神として忠誠を捧げ崇敬を尽くされたのであります。

経津主神(ふつぬしのかみ)相甕槌神(たけみかづち)大己貴神(おおなむじ)

御由緒

香取神社は天智天皇4年(665)、藤原鎌足公が東国下向の際、この亀の島に船を寄せられ、香取大神を勧請され太刀一振を納め、旅の安泰を祈り神徳を仰ぎ奉りましたのが創立の起因です。
天慶の昔、平将門が乱を起した際、追討使俵藤太秀郷が当社に参籠し戦勝を祈願して戦いに臨んだところ、めでたく乱を平らげたので神恩感謝の奉賽として弓矢を奉納、勝矢と命名されました。現在でもこの古事により勝矢祭が5月5日に執り行われております。以来、益々土民の崇敬が篤く郷土の守護神というばかりでなく、ご神徳が四方に及びましたので、葛飾神社香取太神宮と称え奉るに至りました(当時の葛飾は下総国の大半を意味します)。元禄10年検地の節は、改めて社寺の下附があり、徳川家の社寺帳にも載せられ古都古跡12社の中にも数えられています。

香取神社奉納刀七振 江東区有形民族文化財

香取神社に代々伝えられてきた奉納刀。本社である千葉県の香取神宮、茨城県の鹿島神宮と並び、武士の神として信仰を集めていたことにより奉納されたものです。 銘文のある刀のうち、「陸奥會津住道長」は、寛文・延宝期(1661~80)に活躍した刀工、三善道長の可能性があります。こしらえはさほどではありませんが、貴重な作例です。また、「備州住兼光」銘の短刀は、有名な備前長船派の名刀工、兼光を模したものと推定されています。

香取神社奉納刀七振

御神徳

香取神社の御祭神、経津主神(ふつぬしのかみ)は千早振る神代の昔畏くも皇祖の神勅を奉じ、鹿島大神と共に豊葦原瑞穂国(日本国)の平定に手柄を立てられた威霊優れた国家鎮護の神として仰がれる我国武将の祖神であります。
然も御本宮が神武天皇の御代に東国下総に鎮座されましたことは非常に意義のあることで、日本国の守護を固めた事になり、更に農業に深い関係があり、国土開発に多大の功績のあった産業の祖神でもあります。
故に大和朝廷におかれても殊に崇敬が篤く、中臣氏(後の藤原氏)は香取・鹿島両宮を氏神として忠誠を捧げ崇敬を尽くされたのであります。

経津主神(ふつぬしのかみ)相甕槌神(たけみかづち)大己貴神(おおなむじ)

宝船(道祖神祭祭具) 江東区有形民俗文化財

「千艘万艘御ふねが参った。銭でも米でもどんと一ぱい、おっつめろ。さいの神を祝う。」と、氏子の子どもたちがはやす文句があります。江戸時代には毎年正月14日に道祖神の祭りが行われていました。この宝船はその時に使われていた祭具で、竿から垂らした縄で船を吊るしてかつぎ、亀戸から両国の辺りまでを練り歩きました。

宝船(道祖神祭祭具)

紙本淡彩道祖神祭図 安藤広重筆 江東区有形文化財(絵画) 

道祖神祭の人物や宝船を墨で描き、朱、青等で淡彩を施しています。画面右側から宝船が進み、それを担ぐ人物とその周りではやす子どもたちが描かれています。
画面右上に「年中行事亀戸道祖神祭」と題があり、右下には「廣重」の署名と落款があります。宝船の旗には「寶船 亀戸村 氏子」と描かれています。安藤広重肉筆の貴重な作例で、晩年の作と推定されています。 ※安藤広重(1797~1858):浮世絵師。江戸の生まれで、本名は徳兵衛という。代表作「東海道五十三次」。

紙本淡彩道祖神祭図 安藤広重筆

御神殿

建武年間(1334~37)香取伊賀守矢作連正基が始めて当社に奉仕し、香取神社初代神職となり、応安4年(1372)社殿再建、降って大永3年(1524)修造を営み、後寛永3年(1627)4月8日本殿改築に着手、同年9月24日竣工、文政年間(1818~29)拝殿造営、明治5年11月16日村社に定められました。
昭和20年3月9日第二次世界大戦にて本殿炎上、同23年8月社殿再建。更に昭和63年10月19日現在の社殿が建立されました。

御神殿

御神輿

明治11年に完成したもので、約5年の歳月をかけて製作されました。一度担がれれば、屋根の部分・胴体の部分・台座の部分とそれぞれが別の動きをすることから、俗称で「こんにゃく神輿」と言われ、現在国内に2基(1基は九州)しか存在しない、珍しく、貴重な神輿です。

御神輿

ページの先頭に戻る

御末社

天祖神社(入神明宮)
御祭神:天照大御神(あまてらすおおみかみ伊勢神宮の御内宮)
例祭日:9月15日
御由緒:香取神社改築に伴い移転され、境内神社として祀られるようになりました。当神社の創立には江東区内では最も古く、口伝によるとこの地が四辺海に囲まれていた頃、漁船がしばしば風浪の危難に会う毎に、伊勢の大神を祈念すると災害を免れたという事で、太平榎塚に小祀を営み鎮祭されたといいます。
江戸名所図絵に描かれている神明宮は当社です。 尚、境内から多量のおもり(石器)が出土(明治40年)し、考古学的にも有益な資料とみることができます。現在香取神社にて保存しています。

天祖神社(入神明宮)

弥生式土垂 江東区有形文化財(考古資料)

状の土製のおもりで、漁猟の網に使用したものと推定されています。完成品5点、破損品1点が社宝として保存されています。
長さ4.3~6.5cm、厚さ0.6~1cm、直径2.6~3.3cm。この土垂は、亀戸3-41にあった入神明宮から出土したもので、入神明宮のあった場所は「江戸名所図絵」によれば「相伝ふ、上古この地は一つの小島にして、その繞りは海面なりしと。」と記載されており、一つの小島でした。このことは「先史時代(或いは原始時代)の下町」(「鳥居龍蔵全集」第二巻所収)に、「これは、貝塚の土を持ってきたように思われる。この中に無数の網の錘や、ハニベ土器の破片等が混じて居る。」と記載されています。

弥生式土垂

稲足神社
御祭神:面足神 (おもだるのかみ)、惶根神 (かしこねのかみ) 相殿に金山毘古神 (かなやまひこのかみ)、宇賀御魂神 (うがのみたまのかみ)
例祭日:9月15日
御由緒:寛文9年(1670)創立。明治以前は普門院の主管であったが、明治元年香取神社の奉仕となる。明治35年香取神社隣接地に所在していたが境内に移転。琴平神社は宝暦年間香取12代神職香取正幸の鎮祭する処で、稲足神社は元渡辺稲荷神社と称え明治12年当社に合祀。
御神徳:産業発展・家運隆昌

稲足神社

福神社
御祭神:事代主神 (恵毘寿神 えびすしん)、大国主神 (大国神 だいこくしん)
例祭日:10月15日
御由緒:元々御本社の相殿に奉仕されていた大国主神と併せて明治年間に至り、七福神のうちの恵比寿神・大国神として境内に鎮祭しました。当時の社殿石燈篭は小山富蔵氏寄進造営です。
御神徳:富徳円満・商売繁昌の守護神

福神社

熊野神社
御祭神:家津御子大神 (けつみこのおおかみ)ほか天神地祇十三柱
例祭日:8月10日
御由緒:熊野の神の総本社で曽ては「蟻の熊野詣で」の諺通り、貴賎老若男女をとわず全国から参詣者が集り、信仰絶大にして盛況を極めました。当社は元梅屋敷隣の北の方に位置し、熊野入りと称して、亀戸村の水利を司っていました。大正13年、北十間川が拡張されるのに伴い、香取神社の境内に移転鎮祭しました。

熊野神社

三峯神社
御祭神:国常立命(くにとこだち)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)
例祭日:1月19日
御由緒:享保年間(1716~35)の創立。有名な亀戸梅屋敷園主安藤喜右衛門が園内にお祀していたのを、明治の末年に香取神社に移しました。火防、盗難除のご利益あらたかで、梅屋敷講を受継いだ亀戸三峯講の多くの崇敬者も増え、近年本社参拝も盛んです。

水神社
御祭神:水波能女神 (みずはのめのかみ)
例祭日:6月10日
御由緒:天明6年(1787)香取神社13代神職香取正武がその年の洪水を記念し、災害防止、氏子住民の安体を祈願して石祀をもって建設しました。江戸名所図絵にもみえます。