厄除け・方位除け・祈祷

厄除け

厄年とは災難や障害を被りやすい年齢のことです。男性は25才・42才・61才、女性は19才・33才・37才が厄年にあたり、その前後を前厄(まえやく)・後厄(あとやく)といいます。
特に男性の42才は「死に」、女性の33才は「散々」という語呂あわせで、大厄(たいやく)といわれています。厄年を迎えると、神さまのご加護をいただいて、災厄が自分の身に振りかからないように神社にお参りし、厄祓(やくばらい)をします。
現在は満年齢で年を数えます(誕生日で1才年をとります)が、昔は数え年(正月に年神さまをお迎えして神さまの御霊(みたま)をいただく)が加齢の考え方でした。したがって、昔はお正月に厄祓いをしていたので旧暦の正月までに行うのが一般的でしたが、今日では誕生日の近くにされる方も多いようです。
厄年の頃は、ちょうど身体の変調期や社会環境の変わり目の時期であり、体調を崩しやすいものです。普段よりも健康に気を使い、かといって、あまり神経質にならずに、気持を落ち着かせて過ごすことが大切でしょう。

平成28年の厄年(数え年)

男性 前厄 本厄 後厄
24才 25才 26才
平成5年生 平成4年生 平成3年生
とり さる ひつじ
41才 42才 43才
昭和51年生 昭和50年生 昭和49年生
たつ う(うさぎ) とら
60才 61才 62才
昭和32年生 昭和31年生 昭和30年生
とり さる ひつじ
女性 前厄 本厄 後厄
18才 19才 20才
平成11年生 平成10年生 平成9年生
う(うさぎ) とら うし
32才 33才 34才
昭和60年生 昭和59年生 昭和58年生
うし ね(ねずみ) ゐ(いのしし)
36才 37才 38才
昭和56年生 昭和55年生 昭和54年生
とり さる ひつじ

※数え年とは、満年齢に誕生日前には2歳、誕生日後には1歳を加えた年です。

方位除け

かつての神職は、易者としての職務も兼ねていました。方位よけはその名残をもち、神社では略歴表や方位吉凶早見などを出しています。その年のあなたの星まわりが、中央、北、北東(艮、うしとら)、南西(坤、ひつじさる)に位置する年令は凶の方位とされています。

平成28年方位除表

二黒土星
(じこくどせい)
・中央
大正 6年 100才
大正15年 91才
昭和 10年 82才
昭和19年 73才
昭和28年 64才
昭和37年 55才
昭和46年 46才
昭和55年 37才
昭和62年 28才
平成10年 19才
平成19年 10才
平成28年 1才
七赤金星
(しちせききんせい)
・北
明治45年
(大正元年)
105才
大正 9年 96才
昭和 4年 87才
昭和14年 78才
昭和23年 69才
昭和32年 60才
昭和41年 51才
昭和50年 42才
昭和59年 33才
平成 5年 24才
平成14年 15才
平成23年 6才
五黄土星
(ごおうどせい)
・東北(丑寅)
大正 3年 103才
大正12年 94才
昭和 7年 85才
昭和16年 76才
昭和25年 67才
昭和34年 58才
昭和43年 49才
昭和52年 40才
昭和61年 31才
平成 7年 22才
平成16年 13才
平成24年 4才
八白土星
(はっぱくどせい)
・南西(未申)
明治 44年 106才
大正 9年 97才
昭和 4年 88才
昭和13年 79才
昭和22年 70才
昭和31年 61才
昭和40年 52才
昭和49年 43才
昭和58年 34才
平成 4年 25才
平成13年 16才
平成22年 7才

※十三詣・・・男女とも平成16年生まれの方

ページの先頭に戻る

暦の俗信吉凶

六曜
六曜は中国陰陽道の小六壬なる選日がわが国に伝わり、変化したものです。六曜は旧暦の朔(ついたち)ごとに配り方が変わります。

  • 先勝(せんがち)  諸事急ぐことによし、午後よりわるし
  • 友引(ともびき)   朝夕よし、正午わるし、葬式を忌む
  • 仏滅(ぶつめつ)  万事凶、おしゃべりを慎むべし、患えば長びくおそれあり
  • 先負(せんまけ)  諸事静かなることによし、午後大吉
  • 大安(たいあん)  移転開店等万事利あらざることなし、大吉日
  • 赤口(じゃっこう)  諸事ゆだんすべからず、用いるのは凶、正午少しよし

二十八宿
月が27日半弱で全天を一周する時通過する軌道附近の28の星座で、月、太陽、惑星等の位置を示すため、中国、インド等で用いられました。後にこれが月の位置と離れて、日に配当され吉凶を占うようになりました。

  • 斗(と) 裁ち縫い、蔵立て、地を掘りてよし
  • 牛(ぎゅう) この星にあたる日は万事よし、正午の時は大吉祥とす
  • 女(ぢょ) 芸能を学ぶによく、着初めによし、葬式を出すは凶   
  • 虚(きょ) 衣服を裁ち縫い、着初め、学問はじめ等よし
  • 危(き) 家造り、壁ぬり、かまどぬり、酒造りによし、衣服を縫うは凶
  • 室(しつ) 袴着、嫁とり、わたまし(転居)、井戸掘、仏事を営むによし
  • 壁(へき) 婚礼、旅行、造作するによく、南に行くは凶
  • 奎(けい) 衣服の裁ち縫い、家造り、井戸掘、かまどぬり、橋かけ、仏事等によし
  • 婁(ろう) 造作、嫁取り、衣服の裁ち縫いその他急なることはよし  
  • 胃(ゐ) 造作、嫁取りその他公事によく、私事に凶
  • 昴(ばう) 牛馬を求め、袴着、婚礼、井戸堀等吉、衣服裁ち、造作は凶
  • 畢(ひつ) 神事、婚礼、造作、溝堀、橋かけよし、衣服裁ちは凶
  • 觜(し) この日は入学、杣入(そまいり)よし、衣服を裁つはわるし
  • 参(しん) 養子をとり、門立、造作よく、衣服を裁つに凶 
  • 井(せい) 神事、造作、井戸掘、種まきに吉、衣服を裁って凶
  • 鬼(き) 万事吉、神仏に詣で、家造り、井戸掘、篭塗り等よし、但し婚礼は凶
  • 柳(りう) 杣入(そまいり)によく、造作、葬礼、衣服を裁つにわるし
  • 星(せい) 馬乗り始め、廐(うまや)造り等よし、婚礼、葬礼、衣服裁ち、種まきには凶
  • 張(ちょう) 婚礼、神仏の祈り、または奉公するなどに最もよき吉日なり
  • 翼(よく) 衣服裁ち、農事は種まきに吉、高き所の家造りは凶
  • 軫(しん) 棟上げ、厠造り、橋掛、井戸掘、嫁取り、社参、入学、衣服を裁つによし

十二直
起源は明らかでありませんが、中国で古代から行われていた歴註で、淮南子や漢代の暦譜に既に見えています。月建、即ち毎月節日の夕方北斗七星の柄が指す方位の十二支と密接な関係を持ち、これと同じ十二支の日を建の日とします。

  • 建(たつ) この日は大吉にて万によし、但し土をうごかし船のりは悪し
  • 除(のぞく) 何事にも悪き事をよける日なり、物をすてるに大いによし
  • 満(みつ) 神祭り家造り移転婚礼開店たねまきを吉とし、土をうごかすは凶
  • 平(たいら) よしあし共に平かなり、すべて相談事には大いによし
  • 定(さだん) この日はたねまき婚礼井戸掘等万事さだめる事には大いによし、訴訟・旅行・医療始めを凶とする
  • 執(とる) この日は五穀の取入れ物の買入れすべて手に入れる事によし、移転・旅行を凶とする
  • 破(やぶる) この日は約束相談その他とり決め等によろしからず
  • 危(あやぶ) この日は何事にもあやうき日故たび立船のり等にわるし
  • 成(なる) この日は金談その他開店披露柱立等に用いて大いによし、訴訟・談判を凶とする
  • 収(おさん) この日はおさむという日故収穫其の他諸事に用いてさわりなし、葬儀・旅行・酒造・事始めを凶とする
  • 開(ひらく) この日は入学開業諸事前途の望みとぐるによし、進んで大吉、葬儀その他不浄事を凶とする
  • 閉(とづ) この日は閉ずという日故開店其の他万事に悪日なり、墓石立に吉

ご祈祷の種類と料金

生育・健康 安産祈願、初宮詣、虫封じ、成人祝奉告祭、身体健全、無病息災、病気平癒ほか
願い事 必勝祈願、合格祈願、学業成就、芸道精進、心願成就、良縁祈願、商売繁盛、営業促進ほか
安全祈願 家内安全、業務安全、工事安全、交通安全、旅行安全ほか
御祓い 厄除、方位除、車祓、神棚祓、会旗入魂式、諸災消除、六三除ほか
その他 七五三、地鎮祭、結婚式、除幕式ほか

※そのほか各種承ります。どうぞお問い合わせください。

御祈祷料金
(初穂料)
個人の場合: ¥5,000~ 法人の場合: ¥10,000~